卒業生通信

ニュージーランド 地震 64回生 弓削亮三 No.3

皆さん、お元気でしょうか?こちらはもう晩秋!街は枯葉の洪水です。

今年の2月22日の地震の足跡を最近の写真で見てもらえます。すべて現在立ち入り禁止の地域です。参考まで。



写真一覧はこちら

日本も大変ですが、こちらもまだまだ大変です。ではでは。体に気をつけて。

アントニオ

ニュージーランド 地震 64回生 弓削亮三 No.2

メリークリスマス  2011 謹賀新年

2010年も残り僅か!皆さん、お元気ですか?

小生は今年の8月から9月にかけて、1ヶ月程、単身、南米へ。生まれて初めての南米旅行でした。最初の3週間はアルゼンチンの首都ブエノスアイレスでスペイン語研修。オッチョコチョイの小生は懲りもせずアルゼンチン・タンゴにチャレンジ。収穫は衝動買いの白と黒のコンビの可愛いタンゴシューズだけ。磨いて玄関に飾ってます。5年前のフラメンコシューズに続いて靴のコレクションが又、増えました。

続きを読む

71回生 大学教授 作家 森田勝之

このたび、森田 勝之さま(71回)より書籍を寄贈いただきました。


<紹介>
森田勝之(もりた かつゆき)
恵泉女学園大学英米文化学科講師
十文字学園女子短期大学文学科英語英文専攻助教授、 同教授を経て
現在:十文字学園女子大学社会情報学部コミュニケーション学科教授、白百合女子大学講師

 

 

<メッセージ>
このたび『海外ドラマが聴きとれる!ストーリーで学ぶ英語英スニング』(DHC)を上梓致しました。この本で通算56冊目になります。
思えば、明星学園の高等学校では英語を徹底的に鍛えられました。原仙作の『英文標準問題精講』(旺文社)の改訂前の難解な版を夏休みに学校から自宅に郵送してきて、夏休み明けに一冊全部テストがありました。その厳しさと授業のおかげで、高校一年の三学期には大阪府で5番になったのを覚えております。その後、上智大学文学部英文学科へ入学し、留学も致しました。しかし、高校での宗教の授業(故 深堀英二先生)の授業が懐かしく、帰国と同時に哲学科へ席を移しました。
この二十年ほどは、脳機能研究を行いながら哲学と融合させております。神経言語学、神経哲学という新しい分野ですが、脳科学の知見をベースに言語や意味、認識、意識などを研究しております。
このような機会に恵まれましたのも、明星高校で鍛えられた基礎力があったからだと、今更ながら感謝しております。
同校の発展を心より願っております。

続きを読む

ニュージーランド 地震 64回生 弓削亮三

皆さん、お元気の事と存じます。

先日、ニュージーランドの南島のカンタベリー地方で観測史上2番目に大きな地震(マグニチュード7.1)がありましたが、死者も無く、ケガ人も少なく、不幸中の幸いと感謝しております。自宅は熊さんの置物が一つ壊れたくらいの被害です。非常事態宣言が発令され、店も5日ほど休みましたが、9日(木)より平常通り営業しております。ご安心下さい。参考までに、地震報道の写真は下記のURLにて、ご覧いただけます。
 

http://www.stuff.co.nz/national/photos/4095395/Latest-photos-7-1-quake

地震当日、私は南米のチリのサンチャゴにおりましたが、地震のニュースを聞き、急遽、予定を切り上げクライストチャーチに帰ってまいりました。幸か不幸か、マグネチュード7.1 を体験できませんでした。
 

蛇足ではございますが、小生8月9日より南米のブエノスアイレスにスペイン語の勉強に3週間滞在してました。タンゴもやってみましたが、中々、大変です。まー、記念に白と黒のコンビのタンゴ用の靴だけは衝動買いしてきました。これだけが収穫かな?5年前のフラメンコの靴以来のコレクションが又一つ増えました。
その後、チリのサンチャゴで1日だけ近くのValleNevadoでスノーボードをやってきました。標高3600mありますので、さすがに疲れました。今回の旅の写真が整理できました。下記URLでご覧いただけます。お暇な折にどうぞ。英語で簡単な説明を付記しております。

http://picasaweb.google.co.jp/antonioyuge/SouthAmerica2010?authkey=Gv1sRgCIbv9bPi2MDwxgE#

続きを読む